TOP > スタッフブログ

2011年08月27日

ハマカンゾウの花

足摺岬で、ハマカンゾウの花が見頃になっていますかわいい

ハマカンゾウ1.jpg

見た目は、黄色いユリの花。
暖かい地域の海岸沿いで、崖や斜面に多く見られます。

足摺岬でも、天狗の鼻の、急な斜面に群生しているのですが↓↓↓

ハマカンゾウ2.jpg

ハマカンゾウ4.jpg

写真ではちょっと分かりにくいですねあせあせ(飛び散る汗)
展望台に行ったらぜひ目をこらしてみてください。
黄色い花が点々…とたくさん咲いてますよるんるん

日中の暑さはまだまだ厳しいですが、ハマカンゾウが咲くと
足摺岬にも少しずつ秋の風が吹き始めます。

青い空に映えるハマカンゾウを見に、足摺へお越しくださいぴかぴか(新しい)

ハマカンゾウ3.jpg
(天狗の鼻から足摺岬をのぞむ)

by A
posted by terume-staff at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物草花

2011年08月22日

化石れんこん

土佐清水市内から321号線(サニーロード)を西へ。
松崎海岸のさきに広がる「落窪海岸」には、おもしろい地形が広がっています目

れんこん1.jpg
↑こちらは松崎海岸。
目を海の方にむけると…

れんこん2.jpg

海岸がギザギザに!

れんこん3.jpg

はだしで歩くにはちょっと危険!
というくらい、とんがっているところも。

どうしてこんな地形ができたかというと…

海にもぐったとき、砂の上に波の模様を見たことがあるでしょうか。
じつはこの地形、そうした波や水流の力が作った凹凸のあとなのです。
つまり、今見えている凹凸は、昔々海の底にあったんですね目

海岸近くに立つ看板によると、この凹凸『化石漣痕(れんこん)』と呼ばれるそうです。
地質学的に、とても貴重なものなのだとか!

こうした痕は、この落窪海岸から西にある竜串一帯でも見られます。
特に、(まだ行ったことはないのですが)千尋岬の化石れんこんは、
国の天然記念物に指定されているとのこと。

サニーロードをドライブ中に、一息ついて古代の海の底を眺めてみませんか?

目印は、沖に2つ並んだ小さな島(水島)ですかわいい

れんこん4.jpg

by A

posted by terume-staff at 11:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年08月17日

足摺岬 白山神社

足摺岬へ向かう途中、木のトンネルへ入る前に
大きなタブノキがあらわれます。

hakusan5.jpg

hakusan4.jpg
高さ6〜7mにもなり、存在感抜群!
暑いこの時期に大きく広がる枝葉の影は涼しげグッド(上向き矢印)

この木を過ぎたあたりにひっそりと「白山神社」の拝殿があります。
hakusan2.jpg

「白山神社」は、ここ足摺地区の氏神様として古くから地元の方々に親しまれています。
なので、年3回ある地元のお祭り(足摺祭り)といえばここ白山神社から!
この拝殿は、1916(大正5)年に金剛福寺の奥の院として白皇山にあった
「白皇神社」と合祀されたそうです。
白山神社の祠は今も白山洞門の上にあります。


hakusan3.jpg
ちなみに、ここ「白山神社」の狛犬さん。
豚鼻がなかなかかわいらしい...
いやいや、これも立派な神使い。
昔から白山神社を守っていただいているわけでございます。
ありがたいですね〜。

   

by M
posted by terume-staff at 19:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年08月15日

清水の湧水

土佐清水市内から中浜に向けて車を走らせると、
左手に湧水があるのをご存知でしょうか?

湧水1.jpg

湧水2.jpg

そばに立つ「清水の名水」と書いた看板によると、

『…この清水は、夏の日照りでもかれることがなく、
 この街道を往来する人々の憩いの場であり、
 また漁船の給水所でもあった。』

ふむふむ。

『古くから、室戸市の「岩佐の清水」、高知市の「桜井戸」とともに
土佐の三名水に数えられ…(以下略)』

へえ〜!

そしてこの湧水、なんと清水という地名の起源になったのだとか目

日々この前を通り過ぎていながら、知りませんでした!!

湧水3.jpg

手を浸してみると、冷たくてすがすがしいぴかぴか(新しい)
湧水の周りも、木々に囲まれてひんやりしています。
暑い中の足摺旅行、この湧水に立ち寄って、しばし清水港をながめるのもいいかもしれませんねるんるん

湧水5.jpg

(湧水の目の前に広がる海)

by A
posted by terume-staff at 15:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年08月14日

三原村「どぶろく」

今回はちょっと足をのばして、
土佐清水市のお隣「三原村」へ行ってまいりましたグッド(上向き矢印)
足摺岬からは車で1時間ほどでしょうか...

山間部にある三原村は昔からおいしいお米がとれる米どころとして有名です。
行けばわかるように、辺り一面田園風景目
初めて来たのになぜか懐かしさを感じる風景に癒されますかわいい
mihara1.jpg

mihara2.jpg


そして、
三原村で有名なのがお米を発酵させて造る『濁酒(どぶろく)』 ぴかぴか(新しい)
昔から三原ではどの家庭でも造られていた「どぶろく」
明治以降の酒税法によって家庭で造るのが困難になり、一時は幻に...
ですが!三原村で濁酒製造の認定・免許を取得し、
今でもそのおいしさを楽しめることができるようになりました手(チョキ)

mihara3.jpg
「どぶろく」は日本酒(清酒)と同じアルコール度数(14〜17度)ですが、
口当たりよく飲みやすいため、ついつい飲みすぎてしまうおいしさでするんるん
気づいたら、記憶がとんでいた!なんてことも...
(深酒には気を付けましょう!!)
例えるなら韓国のお酒マッコリに似ています。
ここ三原村では7軒の農家さんがどぶろくを製造していて、
農家さんごとに甘口・辛口と味もさまざまですので飲み比べもいいのでは?

詳しくは↓↓↓
三原村のどぶろく


お酒飲めない方は、「どぶろくまんじゅう」をどうぞ!
どぶろく農家の1つ「風車」さんで販売しています。
夏期限定で「どぶろく水まんじゅう」も!!
mihara4.jpg

他にも、三原村には農業体験のできる農家民宿や、
月1回(第4日曜日)の産直市「森の市」もあります!
またのちのちご紹介しますが、
みなさんも日本の懐かしい風景を見に訪れてみては?



by M

posted by terume-staff at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年08月13日

市民祭あしずりまつり♪

本日、第50回市民祭あしずりまつり2日目手(チョキ)
天気はすこぶる良く、夏!な感じでお祭りにぴったりの日晴れ

昼過ぎに行われた「あしずり踊り」を少し拝見しに土佐清水市街へ...

ashizurimaturi1.jpg

ashizurimaturi3.jpg

ashizurimaturi4.jpg

お〜、中央商店街が人、人、人...で賑わっています目
その道の中央では、「あしずり踊り」が踊られています!
シミズダンススタジオさんから、清水保育園、
清水幼稚園のちびっこたちもみ〜んなで「あしずり踊り」るんるん
全チームは観れませんでしたが、
ちびっこたちとドキンちゃんたちのあしずり踊りが見れたので、
なんだか満足な気分...

ashizurimaturi6.jpg



かなりの暑さあせあせ(飛び散る汗)にとけそ〜になったので、
「とんちんかん」のかき氷いただいちゃいましたかわいい
いや〜、生き返りました!
ashizurimaturi5.jpg

このあと、夜8時から花火大会で、
あしずりまつり第50回記念で、1万発が盛大に打ち上げられますぴかぴか(新しい)
みなさんは見に行かれましたかね〜?



by M




posted by terume-staff at 20:02| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2011年08月12日

稲刈りシーズン♪

ただいま、足摺半島をはじめ土佐清水市近辺では稲刈りが始まっていまするんるん

稲刈り1.jpg

稲刈り2.jpg

早くも新米の時期になりました足摺は、
黄金色の田んぼがあちらこちらに広がっていますぴかぴか(新しい)
実の詰まった稲穂が重そうに頭が垂れ下がっていて、
こちらの田んぼも稲刈りはもうすぐですね!


稲刈り3.jpg

トンボもたくさん飛んでいました目
水田に産卵され、ここで成長したトンボたちなんでしょうな〜


by M




posted by terume-staff at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年08月11日

新谷商店さん突撃取材! その2

新谷商店さん訪問記の続編 です。(PART1はこちら)


新谷さんに、めじか一番火節の おいしい食べ方を教えていただきました。

ご主人、おもむろに「おろし器」と「マヨネーズ」を持ってきて…
一番火節をおろし始めましたよ目

新谷8.jpg

そして
「あら〜、うちのおかあちゃんがやるとちょっと感じが違うんだけどなあ〜」
と言いながら、マヨネーズをプリッ!!
(奥さまがおろすと、もっと上手にそぼろ状になるのだそうですよ。)

新谷9.jpg
新谷10.jpg

お箸で混ぜて食べると、絶妙なおいしさるんるん
これはおにぎりの具にぴったり。

この他にも、おいしい・カンタンレシピを随時ブログで公開中グッド(上向き矢印)



ところで…
新谷商店さんが伝統の「宗田節」以外の商品開発に力を入れ始めたのは、
「地元の人があまり宗田節を食べていなかったから」と言います。

新谷11.jpg
  (右:ご主人 左:奥さま)

業務用としてそば店・うどん店には広く出まわっている宗田節。
でも 地元の家庭では、あまり知られていませんでした。

節納屋を営む新谷さんご一家にとっては、宗田節はとても身近な食べもの。
そのおいしさ、すぐれた栄養価をもっと知ってもらいたい。

そんな思いから生まれた取り組みの1つが、こちら↓

新谷12.jpg

こどもたちが宗田節の味を舌で覚えることはもちろん、
自分たちの住む土地で、こんなにおいしいものが作られているんだ
という発見にもつながっているようです。

新谷13.jpg

ジョン万次郎のふるさとで挑戦を続ける新谷商店さん。
お忙しいところどうもありがとうございましたぴかぴか(新しい)

________________

ちなみに…

宗田節は、リ○ビタンDでおなじみの『タウリン』が豊富です。
このタウリン、

・コレステロール低下作用
・血圧低下作用
・アルコール肝障害の予防
・糖尿病予防

などの効果があると言われているとか(新谷商店さんブログ参照)。
夏の疲れたときに、宗田節を使ったお料理はいかがでしょうかわいい


by A

posted by terume-staff at 15:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年08月08日

新谷商店さん突撃取材!その1

ジョン万次郎のふるさと、中浜
こちらの節納屋(宗田節加工場)新谷商店さんを訪問してきましたるんるん

中浜の集落の、入り組んだ路地を入ったところに新谷商店さんがあります。

新谷6.jpg

めじかの休漁期である今、新谷さんがとくに力を入れて作っているのが

めじかの一番火節

テルメの売店でも販売している、この商品です↓↓↓

新谷1.jpg

包丁などでも簡単にスライスできるソフトな「節」。
この一番火節づくりは、大きな釜でめじか(宗田鰹)をゆでることから始まります。
1時間〜1時間半でゆであがっためじかがこちら。

新谷2.jpg

これを1尾ずつ丁寧に処理します。
頭や内蔵をとりのぞき、皮もきれいにはいでいきます。
この工程、すべて手作業目

新谷3.jpg

新谷4.jpg

上の状態になったら、一晩かけてまきの煙でいぶします。
節納屋は、いわば巨大な燻製器。
遠火でじっくり燻しあげることで、もちもちした甘みのある一番火節が出来上がるのですぴかぴか(新しい)

新谷5.jpg

こうしてできた一番火節、そのおいしい食べ方とは?
そして宗田節づくりを通して伝えていきたい、新谷さんの思いとは…?

続編でお伝えしていきますかわいい

**********************************************

 新谷商店さん詳細はこちらをチェック!

新谷商店ホームページ

 ◆「なや日記」(ブログ)

***********************************************

by A



posted by terume-staff at 18:16| Comment(0) | TrackBack(0) | お土産

2011年08月07日

ぺら焼き西村!!

元祖ぺら焼き「にしむら」で、ぺら焼き食べてきましたかわいい

土佐清水市内の渭南病院の坂をくねくね登ったところに「にしむら」はあります。
中は全体的にセピア色で、夏休みの男の子がお昼にぺら焼きを食べてたりして
かなり「昭和」な雰囲気グッド(上向き矢印)

ぺら1.jpg

次々とお客さんが入り、電話注文もひっきりなし!
にしむら3代目のおばちゃんが、手際良くぺら焼きを焼いていきます。

ぺら2.jpg

ぺら焼きにつけるタレは、お好みで。
上の写真手前から「しょう油・辛口ソース・甘口ソース」
(この他に、「普通」ソースあり)

ぺら焼きは卵入りが基本ですが、卵なしも人気です。
おばちゃんいわく「卵なしにはしょう油が一番手(チョキ)


そもそもぺら焼きって?
 薄くのばした生地に、具=小口切りしたねぎと天ぷら(じゃこ天)の角切り
 を乗せて焼き、さらに卵を割って裏返してできあがり…
 薄いお好み焼きをイメージすると分かりやすいかも。 
土佐清水市民にはなじみの深い食べものです。

ぺら3.jpg

鉄板の上からそのまま食べるぺら焼きは、あつあつ!
その熱さの秘密はこちら↓↓↓

ぺら4.jpg

そう!にしむらでは、炭火でぺら焼きを焼いているのです目
飾り気はないけれど、素朴でおいしいぺら焼き。
ビールとの相性もぴったりですビール

値段は大きさによって¥350〜¥800。
¥500のもので、1人が食べて満足する感じです。
電話で予約してのお持ち帰りも、もちろんできまするんるん

足摺岬の帰りに寄ってみてはいかがでしょう?


**********************************

ぺら焼き「にしむら」
0880-82-2752
 営業時間 10:00am〜7:00pm
 定休日:なし(ほとんど年中無休だそうです)

**********************************

by A
posted by terume-staff at 14:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べる

2011年08月06日

しぶきをかぶる臼碆!

台風9号が沖縄県を通過した今日、臼碆の竜宮神社に行くと…
南からのうねりが入り、波がドカンドカンとうちつけています目

竜宮神社1.jpg

目の前で、ドカ〜ンと波が割れ、いつもは釣り人が何人もいる『沖臼』(沖に見える岩礁)が波にのまれていきます。

竜宮神社2.jpg


竜宮神社3.jpg

右も左も、打ち寄せる大きなうねりにしぶきをあげて、すごい迫力目

竜宮神社4.jpg

竜宮神社5.jpg

足摺のまわりの海岸線は、けわしい崖が多くなっています。
その中でここ竜宮神社は、波が打ち付けるのを間近に見られる絶好のポイントグッド(上向き矢印)
水の力、自然の大きさをびしびしと感じられた時間でした手(チョキ)

今日のように波がある時はもちろん迫力がありますが、凪いでいるときの竜宮神社も
開けていて気持ちの良い場所です。
ぜひ足を運んでくださいるんるん

(※台風が接近しているときなどは高波の恐れがありますので竜宮神社には近づかないでください)

by A

posted by terume-staff at 18:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年08月05日

ウミガメの子、海へ

先日、大岐の浜でアカウミガメの子どもが海へ帰りました!

5月に母ガメが上陸して卵を産んでから約70日。
1つ目の巣(?)から、子ガメたちが出てきました。
本当なら夜の間に海に帰っているはずなのですが、この日はいくつかの子ガメが草の根っこに絡まってしまっていたので、それを海に放すことに。

子ガメ1.jpg

子ガメの甲羅の大きさは5cmほど。
小さい手足を動かして、波打ち際に向かっていきます。

ウミガメの子どもは、砂の穴から出ると光のある方へと進む習性があるそうです目
(逆に、母親が産卵のために上陸するときは、光を嫌うのだとか)

打ち上げられた海草やペットボトルなどのゴミは、小さなカメにとってなかなか超えられない障害物になってしまします。

子ガメ2.jpg

それも乗り越え、なんとか海へ!

子ガメ3.jpg

子ガメ4.jpg

何回も波打ち際で波に押し返されていましたが、最後は無事に海に消えていきました。
このカメたちが産卵できるようになるまで、15年ほどかかるのだそうです。
少しでも多くのカメが、また大岐の浜に帰ってきてくれるといいですねぴかぴか(新しい)

カメのふ化は、これから9月ごろまで続きます!


by A
posted by terume-staff at 18:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年08月03日

大岐の浜♪

またまた登場!大岐の浜ぴかぴか(新しい)
今日の早朝の写真です!
ooki1.jpg

ooki2.jpg

写真からもわかるように、
開放的な雰囲気の大岐の浜でございます。

いや〜、いつ見ても癒されますね〜かわいい

今日は台風9号が日本近海にあるので通常よりうねりが大きく、
サーファー達が楽しそうに朝から海に入ってましたグッド(上向き矢印)
これからもまだ波は上がるみたいなので、
海水浴する方はしばらくはあきらめた方がよさそうですね...

穏やかそうに見える大岐の浜、
実は離岸流(沖に向かう潮の流れ)がよく発生します。
それによっての水難事故も起こっていますので、
大岐の海で遊ぶ時はそのことを頭に入れておいて下さいね!
少しでも波が上がるようでしたら、すっぱりあきらめましょう!!



by M



posted by terume-staff at 13:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 遊ぶ

2011年08月01日

売店情報♪清水さばカレー&魚めし

暑い夏、みなさん夏バテしないようにしっかり食べていますか?

売店に、特産の清水さばを使ったカレーと、地元の郷土料理「魚(いお)めし」が
手軽に食べられる商品が登場いたしましたかわいい

元気PRO3.jpg

海カレー」と名付けられたカレーは、清水さばと宗田がつおの2種類。
清水さばの方は、中骨でダシをとり、焼いたサバのフレークをくわえてあります。
何も魚でカレーを作らなくても…と思う方!
食べて見ると、煮込んだ野菜のコクとサバがマッチして、あ、これはカレーにして正解!
と感じていただけるはずです。

元気PRO2.jpg

こちらの「魚(いお)めし」は、炊きたてのご飯に混ぜるだけるんるん

元気PRO.jpg

魚めしは、清水サバとぶりの2種類。
清水サバは宗田がつおのダシがきいてあっさりしていますが、ぶりはしっかりとした甘辛味。
小口切りにしたネギやミツバを散らせば、さらに美味しく召し上がれます!

どちらも、化学調味料などは一切使っていないので安心して食べられるのが嬉しいところぴかぴか(新しい)
忙しいあの人に、夏バテぎみのあの人に、手軽でおいしいお土産をいかがでしょうか?


by A

posted by terume-staff at 19:43| Comment(0) | TrackBack(0) | お土産