TOP > スタッフブログ

2011年09月28日

2011秋 トオルマの夕日ハイライト♪

毎年、秋分と春分の日前後に足摺をにぎわす、トオルマの夕日

2011年秋のようすは、こんな感じでした。

19日 台風で見られず
20日 台風で見られず

沖縄付近をうろうろしていた台風が足摺沖を通過、21日からはいい天気が続くかな?
と期待が高まります。

21日 洞窟内に、きらきらと光が!

toruma1.jpg

 雲が多く、光の筋が見えるまではいたりませんでした。
 が、雲間からさす光がなんとも美しく、お客様は満足されてました!

22日 洞窟内に光が!

toruma2.jpg

 21日とほぼ同じくらいの見え方でした。
 この日からギャラリーも増え始め…

23日(秋分の日) 快晴晴れ

トオルマの夕日の観賞ポイントにある『おおどトンボ公園』を管理
している、おおど会の方々にも熱が入ります。

toruma3.jpg

大漁旗があがり、公園内では特産品の販売もるんるん

お客様も続々集まってきます。

toruma4.jpg

夕日のほうはというと…

toruma5.jpg

おおど会の谷さんがおっしゃるように、これまでで一番!
と言えるくらいの素晴らしいコンディションで、洞窟内に差し込んだ夕日が
黄金色の帯となって水面に映りましたぴかぴか(新しい)

季節の変わり目であるお彼岸の前後は、天気も変わりやすい。
そのため、トオルマの夕日も見える確率が低いのだそうです。

24日 少し雲が…

秋分の日に比べてお客様は減りましたが、それでも「何があるんだろう?」と
思わせる人だかり。

toruma6.jpg

そしてこの日も、美しい光の帯が水面にかがやきました!

toruma7.jpg

ちなみに、
25日〜27日は、曇り・雨の天気で残念ながら見ることはできませんでした曇り

秋分と春分のときにだけ見られる「トオルマの夕日」。
古代の暦と関係があったのかもという説もありますが、
詳しいことは分かっていません。

黒潮が接岸する場所ですから、南からの文化の影響があったのかも…
いろいろと想像はふくらみますぴかぴか(新しい)

次のチャンスは、春分の日前後です!
ぜひ足摺にお出で下さい〜るんるん


by A

posted by terume-staff at 12:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 夕日

2011年09月21日

今日の「トオルマの夕日」

台風15号がやっと去っていただいたので、
今日の足摺は青い海と青い空と秋の涼しい風で気持ちのいい〜1日でしたかわいい
ao.jpg


そして、
この時期にかかせない「トオルマの夕日」を観賞しに、
宿泊のお客さまとおおどトンボ公園へグッド(上向き矢印)

「トオルマの夕日」って?

トオルマ1.jpg

あいにく雲が多く、夕日はなかなか見れませんでしたが、
時たま雲の隙間から差し込む光で洞門内がキラキラぴかぴか(新しい)
トオルマ3.jpg

どこが光っているかわかりますか?
海蝕洞門の拡大↓↓
トオルマ4.jpg

一条の光とまではいきませんでしたが、
キラキラの光が見れただけでもラッキー手(チョキ)
それぐらい、希少な現象なのです!!

ぜひ、みなさんも!

今回は9月27日(火)ぐらいまで見れますよ〜☆


by M


posted by terume-staff at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2011年09月20日

9/24ツリーイングの下見♪

台風が接近し、風雨ともに強くなっている足摺です。

そんな今日、四万十楽舎よりインストラクターのミチさんが
9月24日のツリーイングにむけ木の下見に来てくれました!

場所は、唐人駄場芝生広場。
いつもスターウオッチングに来る場所です。

広場の奥に、目指す木があります。

ツリー下見1.jpg

枝を四方に伸ばしたこの木に、何本ものロープをかけるんだそうです。
そのロープにぶら下がって、子どもも大人も木にのぼる…
想像するだけでワクワクしますぴかぴか(新しい)

ツリー下見3.jpg

どこにロープをかけようかな、と木を眺めるミチさん。
下から見るとそれほど高く見えません。
でも、登ったらきっと驚くような世界が広がっているんだろうな目

今回の体験は、9月24日(土)9:30〜
≪イベント詳細は、こちらをチェック≫

まだ定員に空きがあります。
9月22日(木)の午後3時までお申し込み可能ですので、興味のある方はぜひご参加くださいるんるん

台風も明日には去っていく予報ですので、24日は無事ツリーイングができるはず!!
一緒に木に登って、巨石群を眺めましょうかわいい

【ツリーイング について知りたい人はこちらをチェック】

ツリー下見4.jpg


by A

posted by terume-staff at 16:25| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2011年09月15日

四万十川でカヌーに乗る!!

「カヌー、いいですよ」
というカヌー館 石川さんのお誘いにのって
四万十川でカヌーに乗ってきました!!

足摺テルメより四万十市へ1時間車(セダン)
四万十川沿いのくねくね道を北上すること1時間車(RV)
およそ2時間で、カヌー館のある 西土佐 に到着。
(意外と近かった!)

カヌー1.jpg
(四万十川のほとりに建つカヌー館)

到着すると、早速ツアーの説明があります。
本日は『半日ショートツーリングコース』。
約2時間半かけて、四万十川を4q下ります。

それから着替えて河原に集合、装備やパドルの使い方の講習があります。
ガイドのみなさん、明るく親切に、でも丁寧に教えてくださいます。

カヌー2.jpg

9月とはいえまだ日差しは強く、こうしているうちにも汗がだらだらたらーっ(汗)
早く水に入りたいと思う反面、ひっくり返ることへの緊張も・・・

講習が終わると、いざ水の上へ!

カヌー3.jpg

慣れないパドルと川の流れにドキドキしながらも、視線を上げると
前に流れていく四万十川と、緑の山と青い空!
う〜ん、気持ちいいぴかぴか(新しい)
この川が、海まで流れていくんだな…

要所要所で止まって、ガイドさんから注意点などが伝えられます。

カヌー4.jpg

が、基本的にはのびのびと“体で覚える”感じ。
もちろん、ガイドさんがいつでも見守ってくれていて、道をそれそうになる
若者をきちんと誘導してくださいます。

緊張するのは、コース途中にいくつかある『瀬』(流れの速いところ)。
橋の上から見たらなんてことない流れが、カヌーでいくとかなりの急流なのです目

カヌー5.jpg

パドルを使って方向転換して・・・とやっているうちに、なんとか切り抜けました。
あ〜緊張した。
この日ひっくり返ったふねは1艇。上手に脱出(?)してましたよ!

慣れてきた頃に、コースは終了。
カヌーを岸に上げて少し川で泳ぎました手(チョキ)

カヌー6.jpg

この日参加した人はほとんどが半袖。
これから10月半ばごろまでは、川の水もまだ温かくカヌーを楽しんで
いただけるとのことです。

足摺にはない『川』の魅力を満喫できるカヌー、おススメですかわいい

カヌー館では、半日ショートツーリングの他
1日コース、ゴムボートでのフリークルーズなど楽しいメニューがたくさんあります。
詳しくはカヌー館ホームページをチェックしてみてくださいるんるん

カヌー館のみなさん、ありがとうございました!

by A






posted by terume-staff at 19:39| Comment(1) | TrackBack(0) | 遊ぶ

2011年09月10日

ハマグリの里 大岐

ここ最近、大岐の浜ではこんな人たちを見かけます。

ooki1.jpg
これは何やっているかというと、ハマグリ漁をしている風景なのです目

そう!この大岐の浜は天然のハマグリが獲れる日本でも数少ない浜なのです!!
特に冬に獲れる大きな活ハマグリが有名ですね!

ここでのハマグリ漁は、
少数の素潜り漁師のほか、干潮の時に長い柄の熊手で貝を掘りおこす漁があります。
この日もたくさん波が打ち上がる中、みなさん熱心に掘り探しています...

hamaguri4.jpg

これから漁をするおんちゃんに声かけたら、
さっそく獲れたハマグリを見せてくれましたグッド(上向き矢印)

hamaguri2.jpg

これは1年ものの小降りサイズらしく、
沖の方へ行けばもっとサイズの大きいのが獲れるそうです。
生態系を崩さないためにも大岐漁業組合ではハマグリ漁を制限しているらしく、
今回は9月に入ってからみなさんで取り始めているそうです。


※注意※
大岐の浜のハマグリは許可なく獲るのは禁止!!
大岐の生態系を崩さないためにも、みなさまのご協力よろしくお願いします。
hamaguri3.jpg

食べたい方は、
大岐にある産地直売所の『はまぐりの里』で買えますよ〜!


by M

posted by terume-staff at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年09月05日

幡多弁コンバータ『万次郎』

海外旅行に出かける前に、現地の言葉を練習する
…なんてことあると思います。

国内旅行なら、言葉の心配はない?
いえ、そんなことありません。

足摺岬のある土佐清水市は、「幡多」地域(高知県西部、愛媛県南西部)
に属し、独特の言葉「幡多弁」が使われています。

いわゆる標準語とはまったく違う単語があったりして、県外出身者を
あたふたさせたりしますモバQ

そこで紹介したいのが、これ!!

幡多弁1.jpg

幡多弁コンバータ『万次郎』

そして

幡多弁辞典『幡日辞書』

例文を入れて変換してみたり、辞書で変わった言葉を探したり目

足摺に来る前に、また帰ってから旅を思い出しながらぜひ!
遊び感覚で使ってみてくださいるんるん

いずれも、ジョン万次郎ゆかりのアメリカの都市と国際交流をしている
ウエルカム・ジョン万の会が作成しています。

by A

posted by terume-staff at 09:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年09月03日

ウエルカムジョン万カンパニーさん

以前にブログでも紹介しましただしが良くでる宗田節


販売開始間もなく、足摺テルメの売店で売り上げ1位に浮上グッド(上向き矢印)
足摺を代表するおみやげとして、不動の地位を築きつつあります。

ジョン万C1.jpg

というわけで、以前から気になっていた だしが良くでる宗田節 の
製造・販売元であるウェルカムジョン万カンパニーさんをたずねてみましたるんるん

ジョン万カンパニーさんがあるのは、土佐清水市内のガス屋さん。
ツタのからまる おしゃれなお店です。

ジョン万C2.jpg

出て来てくださったのは、田中さん(写真右)と森さん(写真左)。
なんと、思いのほか若いお2人目

ジョン万C3.jpg

早速お話をうかがいます。

お二人の本業・・・田中さんは、ガス屋さん。森さんは、自転車屋さん。

どうしてこのお2人が宗田節を?

小さいころから仲が良かった田中さんと森さん。
お互いに地元に根ざした仕事をするなかで、縁あって
土佐清水の新しい特産品を開発してみないかという声がかかります。

ジョン万C4.jpg

食品はまったく扱ったことのないお2人。
試行錯誤の連続でしたが、節納屋(宗田節加工場)の家庭で
この方法で簡単にだしじょうゆを作って食べていることを発見。
それをヒントにして、この商品が生み出されました。

大ヒット商品となっただしが良くでる宗田節は、
天日干しからラベル貼りまで、人の手によってつくられています。
そのため品薄になることも。
(ラベルが定位置に貼れるようにする道具↓↓↓も手づくり!!)

ジョン万C6.jpg

誰かに「おいしい」と喜んでもらうこと、
またそれが地元土佐清水のPRにつながるということ、
それが喜びと語る田中さん。

一方で、だしが良くでる宗田節にもまだまだ改善点が
見えてきているとのことです。
たゆまぬ努力で、これからも楽しい特産品が生まれることを期待していますぴかぴか(新しい)

お店の裏では、これから商品になる宗田節の天日干しがおこなわれておりました晴れ

ジョン万C5.jpg

※類似品にはご注意を〜。

by A

posted by terume-staff at 16:58| Comment(0) | TrackBack(0) | お土産

2011年09月01日

台風12号!

今日の足摺は台風12号の影響で朝から強風台風
雨はまだそれほど降ってないですが、
海のうねりも徐々に大きく、多くなっています!
どんな状況か確かめに、さっそく足摺岬から10分の窪津へダッシュ(走り出すさま)


窪津には、海に迫り出した展望台があります。
台風12号1.jpg
遠目からすでに波が立っているのが見えますが、普段はいたって穏やかです。
ひらめきこれ以上海が荒れている場合は、ここへ行くのを控えて下さいね。

ここは海が近い分、波の迫力がすさまじい目
展望台に立つと、目の前で崩れる波の迫力と音とで足がすくみますあせあせ(飛び散る汗)


台風12号2.jpg

台風12号3.jpg


台風12号5.jpg
通常ここで見られる景色。
平和ですね〜晴れ


足摺は明日からあさって(2日〜3日)にかけてピークをむかえます。
交通機関などにも影響が出ると思いますので、
こちらへ来る方は常に台風情報をチェックして、気を付けて来て下さい!



by M

posted by terume-staff at 17:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記